クレジットカードは還元率で選びたい

買い物をする時は、現金で買い物をするよりもクレジットカードを使って買い物をするとポイントが付く分お得です。

しかしクレジットカードは沢山の種類があってどのカードを作ることが一番お得なのかよくわかりません。

クレジットカードのお得度は、ポイントの還元率にあります。

 

年会費の無料または有料のどちらを選ぶかはカードの使用額によって違う場合があるので、どちらがお得かは一概に言えません。
ライフスタイルに合わせて決めれば良いでしょう。

 

還元率の高いクレジットカードの代表として「リクルートカード」があります。
リクルートカードの還元率は1.2%で、1ポイント=1円分として利用することができます。

 

年会費は無料で作ることができ、家族カード・ETCカードも年会費無料です。
それなのに「国内・海外旅行傷害保険」と「ショッピング保険」も付いている心強いカードです。

 

還元率の例をあげると、買い物や食事などの支払いをリクルートカードで5万円払ったとします。
5万円分のポイントは、600ポイント=600円分という素晴らしい還元率になります。

 

ポイントは、リクルートグループのサービスであるホットペッパービューティーでサロンの予約をしたりホットペッパーグルメ・ポンパレなど、ポイントの使い方はたくさんあります。

 

また、貯まったポイントは「Pontaポイント」に交換することができます。
PontaポイントはPonta提携店舗で使うことができるので、コンビニなど利用範囲も広がります。

 

そのようなことから、リクルートカードは持っていても損はしない大変優秀なカードです。