楽天のクレジットカードとデビットカードの相違点は何か?

楽天デビットカードと楽天カード(クレジットカード)はどちらも買物の際にカードでの支払いが出来る点では同じと言えますが、デビットカードは自分の銀行口座に入っている金額分しか買物できないほぼ現金払いに近いカードであると言えます。

 

それに対して楽天のクレジットカードは後払いのシステムとなっているので、銀行口座にお金がなくてもカードの限度額まで使用することが出来ます。

つまりクレジットカードは1回払いなら手数料等はかかりませんがイメージとして借金に近いカードと言えます。

それは手持ちのお金がなくても購入することが出来るという点においてのことでクレジットカードは上手に利用すればポイントが付き手数料も無料なのでお得なカードと言えます。

 

デビットカードのメリットは所有しているお金以上の金額を使用することが出来ないので使いすぎることがなく、クレジットカードは不安という人にオススメです。

またクレジットカードと違って審査等もないので誰でも所有することが出来る便利なカードと言えます。デメリットは使えるお店がクレジットカードを比較して限られている点です。

 

楽天カードのメリットは手持ちのお金がなくても使用出来る点で、給料日前とかボーナス前などにはかなり重宝します。またポイントをはじめとする特典が多いのも特徴です。

デビットカードにもポイントが付きますが還元率はクレジットカードの方がお得です。デメリットはカード紛失、不正利用などのトラブルや使い過ぎに注意しなくてはならない点だと言えます。