私はこうして楽天カードの審査を通りました

楽天カードは、他のカードと比べて専業主婦や学生であっても比較的審査を通してくれるカードとなっています。

 

実際に私は専業主婦ですが家族カードではなく本人カードとして楽天カードを所有しています。

その際、夫の年収を書く欄はあったのですが特に収入証明書の送付をお願いされる事はありませんでした。

学生も同様で、親の収入がある程度あればカードの発行をしてくれるようです。

 

また、現代では家に固定電話を敷かず携帯電話のみ、という方もいらっしゃると思いますが、実は固定電話がある方がクレジットやカードローンの審査は通りやすいと聞いた事があります。

なのでもし家に固定電話がある場合は、固定電話を優先して記入し、その他の連絡先として携帯電話の番号を入力してみるのも、審査を通りやすくする一つの方法だと思います。

 

しかし、楽天カードの申し込み時にすでに他の複数のクレジットカードの申し込みをしている場合や、以前にクレジットカードの支払やカードローンの返済で遅延や延滞を起こしている時は、審査が厳しくならざるを得なくなります。

 

またクレジットカードについているキャッシング枠の限度額が高く設定されていると、審査が通らなくなる事があるようです。

 

私自身の申し込みの際は、クレジットカード機能だけを使いたいと思っていたのでキャッシングは0で設定した覚えがあります。

 

また、滞納や延滞というとカードローン会社からの借り入れを想像しますが、実は携帯電話料金に携帯端末代金を月賦を含めて支払っている場合は、その携帯料金の支払いが遅れると、遅延や延滞として履歴に残るようです。