楽天カードの審査に落ちる原因は一つだけ

楽天カードの審査に落ちる原因は一つしかありません。
それは、信用情報に悪い情報が登録されているか否かです。

 

楽天カードはクレジットカードですので、信用情報を元に審査をすることになります。

信用情報というのは、簡単に言うとカードの申請をした人の借金の情報のことを言います。

 

楽天カードのようなクレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠という二つの枠が基本的についています。
そして、キャッシング枠のように直接現金の借り入れが出来るようなサービスには、貸金に関する貸金業法という法律が適用されることになるのです。

 

貸金業法には、総量規制という融資の枠に関する規制があり、この規制が適用されるサービスでは本人の年収の三分の一、夫婦であれば夫と合わせた年収の三分の一までしか融資を受け取ることが出来ません。

 

つまり、この規制の融資の枠に既に達している場合には、カードを作ることが出来ないのです。

 

クレジットカードは、相手の信用性をわかってからカードを作ることによって初めて安全性が生まれるものですので、既に他の会社からいくつものクレジットカードを作っており、そのクレジットカードでお金を借りていた場合には審査に通ることが難しくなってしまいます。

 

確かに、無職であっても夫婦関係にあればカードを作ることが出来るのですが、その範囲はあくまでも法律に定められた範囲内であるということを忘れてはいけません。

 

そのため、楽天カードを作りたいのならば信用情報の登録をどうにかしないといけないのです。