海外旅行に安心便利なトラベルマネーカード

海外旅行へ行くのならぜひ用意しておきたいのがトラベルマネーカードです。

しかし、どのようなカードなのか、どのような場面で使えるのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。そこで、トラベルマネーカードの概要とその使い方についてまとめました。

 

・トラベルマネーカードとは?

トラベルマネーカードとは、簡単に言えば海外専用のトラベルプリペイドカードのことです。治安に不安のある海外の国では、現金を持ち歩くことは危険な場合もあるもの。カードで決済ができれば便利ですよね。しかし、かといってクレジットカードを使うのもスキミング等の不安があるのではないでしょうか。

 

そこで使いたいのがトラベルマネーカードなんです。トラベルマネーカードはいわゆるプリペイドカード。チャージした分だけしか決済に使うことはできません。
チャージは渡航前に日本で行うことになりますが、インターネットバンキング経由なら渡航先でも追加入金が可能です。

 

・トラベルマネーカードでは何ができる?

 

トラベルマネーカードは、ショッピングやレストランでクレジットカード代わりに利用することができるほか、キャッシュカードとして現地の通貨を引き出すこともできます。

 

初めての海外旅行でクレジットカード代わりに使ったり、留学中のお子さんの生活資金の送金に使ったりと便利な利用方法があるんです。

 

発行するためには本人確認書類が必要ですが、即日発行が可能ですので、海外旅行のためのクレジットカード発行が間に合わなかったというときに利用しても良いのではないでしょうか。

特筆すべきはリクルート系列で使用したときのその還元率

現在、リクルートカードというと、リクルートが銀行と提携して発行しているVISAかJCB、またはMaster cardのクレジットカードです。そのクレジットカードを使用して買い物するとポイントが貯められます。

 

リクルートカードの最大のメリットは、そのポイント還元率ではないでしょうか。年会費無料で、リクルートが打ち出しているポイント還元率は毎月の利用合計額の1.2%。端数は切り捨てられますが、一回利用ごとに1.2%ポイントに還元して切り捨てるわけではないので効率的だと思います。

 

リクルートのサービスをクレジットカードで支払えば(ホットペッパーグルメ、じゃらん等)、通常のカード使用分1.2%に加えて、最大3%のポイント還元が受けられます。
個人的な見解としては、pontaポイントに交換できるのは大変ありがたいです。

 

また、カードの紛失や盗難時の補償に際してですが、私は一度海外でスキャニングをされ、行ったこともないインドで使用されたと連絡をいただいたことがありました。身に覚えのないお金の使用ですと申し上げたところすぐにカードを止めていただき、また不正使用された金額も保証していただきました。何がなにやらわからない中、ずいぶんと迅速で丁寧な対応をしていただきました。

 

また長らく言われていましたApple pay での機能もアイフォン7以降搭載されました。(マスターカード、ビザカードのみ)惜しむらくは、Suica以外の、PiTaPaなどには対応していないので、交通機関のご利用範囲次第で、交通機関での使用はあまり関係ないかもしれません。

コンビニ利用でお得になるクレジットカード

コンビニ利用でお得になるクレジットカードと言えば、やはりオフィシャルカードです。

 

例えば、セブンイレブンをよく利用する人ならば、nanaco一体型のクレジットカードであるセブンカード・プラスに加入するのがオススメです。セブンイレブンやイトーヨーカドーで買い物をすると、200円につき3ポイント貯まります。貯めたポインとは、1ポイント1円としてすぐに利用することもできますし、nanacoポイントやANAマイルへの交換も可能です。

 

初年度の年会費は無料で、次年度以降も5万円以上の買い物があればそのまま無料です。5万円以下の場合は500円かかります。コンビニをよく利用するのであれば、年間5万円以上の買い物していることがほとんどなので、無料になることが多いでしょう。

 

ローソンの利用が多い人なら、総合ポイントサービスPontaと提携して発行しているローソンPontaカードがオススメです。ローソンでクレジットカードで支払うと、100円につき2ポイント貯まります。ポイント還元率が2%でかなりお得です。

 

さらに、来店ポイントとして1会計につき1ポイント入ります。毎日ローソンで買い物する人にとって嬉しいサービスとなっています。対象商品を購入すればボーナスポイントが加算されるサービスもあるので、利用すればさらにお得です。入会費や年会費は一切無料なので、ローソンでよく買い物をするなら、是非加入しておきたいところです。

 

この他にも、ミニストップをよく利用するならイオンカード、ファミリーマートならファミマTカードと、それぞれのお店でお得となるクレジットカードがあります。よく利用するコンビニのお店に合わせて選ぶのがいいでしょう。セブンカード・プラスとローソンPontaカードの2枚持ちをするなど、上手に使いこなしている人も結構多いです。

私のおすすめのマイルが貯まるクレジットカード

私がおすすめするマイルが貯まるクレジットカード選びのポイントは、いかに普段の生活に密接に関わっているかです。
まず普段通勤や通学で公共交通機関を利用される方は、Suica機能があるANA VISA SuicaカードやJALカードSuicaがおすすめです。
Suicaチャージでもマイルが貯まり、電車やコンビニなどでの買い物でもマイルが貯まります。
年会費が初年度無料なのもいいです。
電車などは毎日使うものですので、知らず知らずのうちにマイルが貯まっていたというのが貯まるための秘訣かと思います。

 

またJALカード系では他に、JALカード TOKYU POINT ClubQというクレジットカードもおすすめです。
こちらは通常のJALカードと同じように、買い物でJALマイルが貯まるだけでなく、東急ストアや東急百貨店などの東急系列の店舗ではJALとは別に、TOKYUポイントも同時に貯まります。
何とそのTOKYUポイントは、マイルに交換が可能なのです。
ですので近くに東急系列の店舗がある方は、かなりおすすめではないでしょうか。

 

他にも勿論、提携航空会社ならどこでもマイルを使えるアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードなど使い勝手のいいカードもありますのでそれらも検討材料となります。
ただ私は、マイルを貯めようと思うとなかなか貯まらないものだと思っていますので、知らず知らずのうちに貯めるためには、普段の生活に密接に関わっているということが大事だと思います。
そういう意味では、上記のようなカードがマイルを貯めやすいのではないでしょうか。

イオンカードをうまく使う

イオンカードは、イオンを利用する方にはとてもオススメします。

イオンをあまり利用されない方にはあまりお得を感じられないカードだと思います。

 

また、買い物の割引だけではなく、トラベルサポートや指定の施設で割引や優待が受けられます。
私は主に買い物に利用していますが、メリットとしては毎月20日30日は5%オフ、優待パスポート、カード年会費無料、イオン銀行のATMで24時間引き出し手数料が無料、WAONポイントも貯まるという点です。

 

5%オフの日に日用品などをまとめ買いするとお得です。
また、不定期ですが優待パスポートというはがきが送られてきます。
これは最大で20%オフで買い物ができます。
55歳以上であれば、15日も5%オフになります。

 

逆に、デメリットと言えば、ポイントが貯まりにくいことです。
イオンカードで支払いをすると、ときめきポイントというポイントが付きますが、200円で2ポイント付きます。
しかし、5%オフなどの特典が多いので、ポイントよりも値引きが嬉しくてこのカードを利用しています。

 

ちなみに毎月10日はときめきポイント5倍になりますので、ポイントを貯めたい方は10日にまとめ買いがオススメです。
公共料金の引き落としもできますが、値引きはなく、ポイント還元率が低いためオススメできません。

 

イオン意外の買い物等ではあまりお得を感じられませんが、イオンモールはたくさんのお店が入っていますので、だいたいのものはすべてイオンの中で済ませられると思います。
なので、イオンをよく利用する方は絶対お得なカードだと思います。

格好がいいデザインのクレジットカードといえば?!

クレジットカードといえば、ネットショップから銀行までさまざまなお店から発行されています。気が付いたらたくさんのカードを持っていた……なんて人も多いかもしれません。

 

だけど、どうせクレジットカードを作るのなら、格好がいいデザインのものが良いとは思いませんか?人とはちょっと違う素敵なデザインのカードをさっと取り出せば、あなたのイメージアップにもつながるかもしれません。そこで、デザインがカッコイイおすすめのクレジットカードについてまとめました。

 

まずご紹介したいのが、有名な旅行ガイドブック「地球の歩き方」とコラボしたクレジットカードです。黒を基調とした背景に、大陸の形が浮かび上がるシックなデザインをしています。大人の男性にもぴったりのカードですし、海外旅行保険など地球の歩き方ならではの特典もついているんです。

 

次におすすめしたいのが、エポスのデザインカードです。エポスカードは年会費無料で海外旅行傷害保険のつくお得なカードで、特にエポスデザインカードはスタイリッシュなデザインが用意されています。宇宙をモチーフにしたものや迷彩柄、イルカやシロクマなどどんな人でも好みの一枚が見つかるようなカードです。公式サイトからデザインを確認することができますので、ぜひみてみてください。

 

クレジットカードといえば、ついついその特典ばかりに目がいってしまいがちなもの。しかし、常に財布に入れて携帯するものだと考えるとデザインに注目することも忘れずにいたいものです。

クレジットカードは還元率で選びたい

買い物をする時は、現金で買い物をするよりもクレジットカードを使って買い物をするとポイントが付く分お得です。

しかしクレジットカードは沢山の種類があってどのカードを作ることが一番お得なのかよくわかりません。

クレジットカードのお得度は、ポイントの還元率にあります。

 

年会費の無料または有料のどちらを選ぶかはカードの使用額によって違う場合があるので、どちらがお得かは一概に言えません。
ライフスタイルに合わせて決めれば良いでしょう。

 

還元率の高いクレジットカードの代表として「リクルートカード」があります。
リクルートカードの還元率は1.2%で、1ポイント=1円分として利用することができます。

 

年会費は無料で作ることができ、家族カード・ETCカードも年会費無料です。
それなのに「国内・海外旅行傷害保険」と「ショッピング保険」も付いている心強いカードです。

 

還元率の例をあげると、買い物や食事などの支払いをリクルートカードで5万円払ったとします。
5万円分のポイントは、600ポイント=600円分という素晴らしい還元率になります。

 

ポイントは、リクルートグループのサービスであるホットペッパービューティーでサロンの予約をしたりホットペッパーグルメ・ポンパレなど、ポイントの使い方はたくさんあります。

 

また、貯まったポイントは「Pontaポイント」に交換することができます。
PontaポイントはPonta提携店舗で使うことができるので、コンビニなど利用範囲も広がります。

 

そのようなことから、リクルートカードは持っていても損はしない大変優秀なカードです。

ガソリンカードはなんでもいい?得する選び方

これからガソリンカードを持ちたいと思っている人も多いと思います。ですが、実際にどういうガソリンカードを持てば良いのかと思っている人も多いと思います。

そういう人に私が言いたいのはガソリンカードならなんでも良いという事はないです。

 

では、具体的にどういう風にしてガソリンカードを選ぶのが良いのかというと、それは自分が普段どのガソリンスタンドを使っているのかという事を考慮して選ぶ必要があります。

 

そうしないと自分が普段使っていないようなガソリンスタンドのガソリンカードを作っても意味がないので自分がいつも利用しているガソリンスタンドのガソリンカードを作る必要があります。

 

ただ、ガソリンカードを作る以上ガソリン代がよりお得にならなければ意味がないです。

 

ですから、これまで自分が使っていたガソリンスタンドのガソリンカードがあまりお得でないのなら利用するガソリンスタンドの変更も検討した方が良い事もあります。

 

ちなみに、私はガソリン代をお得にしたいと思うようになって
それまで利用していたガソリンスタンドを変えました。

 

それで私が作ったにが出光のまいどカードでした。この出光のまいどカードを作ってガソリン代を払うようにしたらかなりガソリン代がお得になりました。

 

その際にはもちろん他のガソリンカードと比較してこの出光のまいどカードがお得だと思ってこれを作りました。

特に年会費も不要であるにもかかわらずポイント還元率が高い魅力だと思っています。

ゴールドカードを取得する方法とそのメリット

ゴールドカードは世間一般に広まっているイメージほど、取得するのに難しい、特別なカードというわけではありません。普通のクレジットカードよりも、若干審査が厳しく、若干年会費が多くかかるものという程度で認識しておけば大丈夫です。

 

近年、その年会費でさえも年に数千円程度しかかからない、低年会費のゴールドカードが登場したことで、更にカード取得のハードルは下がりました。今やパートやアルバイトとして働いている大学生や主婦でさえも、その気になればゴールドカードを手にできる時代です。

 

年会費が万単位のカードと比較して、千円単位のカードは特典が控えめになりますが、それでも海外旅行や国内旅行においてのトラブルを、傷害保険という形でカバーできるものは多くのカードに導入されています。頻繁に旅行をしているという人なら、身の安全と安心のためにカードをゴールドにしておいて損はありません。

 

ポイント特典や保証も、ゴールドカードは通常のカードに比べて優れた質を持ちますので、普段使いの買い物用クレジットカードをゴールドにして、更なるお得さを求めていくのもよいでしょう。

 

ゴールドカードにもランクは様々にあり、年会費の金額によって特典のランクも変わります。払うものと得るもののバランスを考えて、自分にとって魅力あるゴールドカードを選ぶことに意味があります。ただゴールドのステータスを味わってみたいだけという時には、手軽に作れる低い年会費のカードを作って、使用感を試してみるのがおすすめです。

自分に合ったETCカードの選び方

ETCカードには、大きく分けて二つの種類があります。純粋にETCのカードとしてしか使えないパーソナルカードと、クレジットカードの機能として付随されているETC対応クレジットカードの二種類です。

 

ETCパーソナルカードの方は、ETCカードは作りたいけどクレジットカードとしては作りたくない、という人が選ぶためのカードで、実際のところ利用者はクレジットカードを選ぶ人に比べて多くはありません。どうせETCカードを作るなら、普段使いのクレジットカードと一緒にして、ポイントなどの特典を受けたいと考える人の方が多いためです。年会費や保証料がもれなくかかる上、申し込み用紙が手に入れられる場所も限られているということも、推進率の低さに拍車をかける一因となります。

 

もう一つのクレジットカードにETCの機能が内蔵された方のカードの方が定番で、その需要の大きさから、一人でも多くのユーザーを集めるために、様々なクレジット会社が競うように機能付きのカードを展開しています。ETCカードと検索すると、色々なカードがヒットする形となるのはそうした寸法です。

 

数あるETCカードから、自分にとって魅力の大きいものを選び取る所に、ETCカード発行のポイントがあります。最も手軽なのは、普段使いのカードにETC機能をつけるという方法で、カード会社にて追加発行の手続きを行うことで、面倒な審査もなくETCカードの入手が可能です。
一からETCカードを求めるのなら、対応のカードの中から年会費や入会費のかからない、ポイントの貯まりやすいクレジットカードから選んでいくのが良いでしょう。