イオンカードをうまく使う

イオンカードは、イオンを利用する方にはとてもオススメします。

イオンをあまり利用されない方にはあまりお得を感じられないカードだと思います。

 

また、買い物の割引だけではなく、トラベルサポートや指定の施設で割引や優待が受けられます。
私は主に買い物に利用していますが、メリットとしては毎月20日30日は5%オフ、優待パスポート、カード年会費無料、イオン銀行のATMで24時間引き出し手数料が無料、WAONポイントも貯まるという点です。

 

5%オフの日に日用品などをまとめ買いするとお得です。
また、不定期ですが優待パスポートというはがきが送られてきます。
これは最大で20%オフで買い物ができます。
55歳以上であれば、15日も5%オフになります。

 

逆に、デメリットと言えば、ポイントが貯まりにくいことです。
イオンカードで支払いをすると、ときめきポイントというポイントが付きますが、200円で2ポイント付きます。
しかし、5%オフなどの特典が多いので、ポイントよりも値引きが嬉しくてこのカードを利用しています。

 

ちなみに毎月10日はときめきポイント5倍になりますので、ポイントを貯めたい方は10日にまとめ買いがオススメです。
公共料金の引き落としもできますが、値引きはなく、ポイント還元率が低いためオススメできません。

 

イオン意外の買い物等ではあまりお得を感じられませんが、イオンモールはたくさんのお店が入っていますので、だいたいのものはすべてイオンの中で済ませられると思います。
なので、イオンをよく利用する方は絶対お得なカードだと思います。

格好がいいデザインのクレジットカードといえば?!

クレジットカードといえば、ネットショップから銀行までさまざまなお店から発行されています。気が付いたらたくさんのカードを持っていた……なんて人も多いかもしれません。

 

だけど、どうせクレジットカードを作るのなら、格好がいいデザインのものが良いとは思いませんか?人とはちょっと違う素敵なデザインのカードをさっと取り出せば、あなたのイメージアップにもつながるかもしれません。そこで、デザインがカッコイイおすすめのクレジットカードについてまとめました。

 

まずご紹介したいのが、有名な旅行ガイドブック「地球の歩き方」とコラボしたクレジットカードです。黒を基調とした背景に、大陸の形が浮かび上がるシックなデザインをしています。大人の男性にもぴったりのカードですし、海外旅行保険など地球の歩き方ならではの特典もついているんです。

 

次におすすめしたいのが、エポスのデザインカードです。エポスカードは年会費無料で海外旅行傷害保険のつくお得なカードで、特にエポスデザインカードはスタイリッシュなデザインが用意されています。宇宙をモチーフにしたものや迷彩柄、イルカやシロクマなどどんな人でも好みの一枚が見つかるようなカードです。公式サイトからデザインを確認することができますので、ぜひみてみてください。

 

クレジットカードといえば、ついついその特典ばかりに目がいってしまいがちなもの。しかし、常に財布に入れて携帯するものだと考えるとデザインに注目することも忘れずにいたいものです。

クレジットカードは還元率で選びたい

買い物をする時は、現金で買い物をするよりもクレジットカードを使って買い物をするとポイントが付く分お得です。

しかしクレジットカードは沢山の種類があってどのカードを作ることが一番お得なのかよくわかりません。

クレジットカードのお得度は、ポイントの還元率にあります。

 

年会費の無料または有料のどちらを選ぶかはカードの使用額によって違う場合があるので、どちらがお得かは一概に言えません。
ライフスタイルに合わせて決めれば良いでしょう。

 

還元率の高いクレジットカードの代表として「リクルートカード」があります。
リクルートカードの還元率は1.2%で、1ポイント=1円分として利用することができます。

 

年会費は無料で作ることができ、家族カード・ETCカードも年会費無料です。
それなのに「国内・海外旅行傷害保険」と「ショッピング保険」も付いている心強いカードです。

 

還元率の例をあげると、買い物や食事などの支払いをリクルートカードで5万円払ったとします。
5万円分のポイントは、600ポイント=600円分という素晴らしい還元率になります。

 

ポイントは、リクルートグループのサービスであるホットペッパービューティーでサロンの予約をしたりホットペッパーグルメ・ポンパレなど、ポイントの使い方はたくさんあります。

 

また、貯まったポイントは「Pontaポイント」に交換することができます。
PontaポイントはPonta提携店舗で使うことができるので、コンビニなど利用範囲も広がります。

 

そのようなことから、リクルートカードは持っていても損はしない大変優秀なカードです。

ガソリンカードはなんでもいい?得する選び方

これからガソリンカードを持ちたいと思っている人も多いと思います。ですが、実際にどういうガソリンカードを持てば良いのかと思っている人も多いと思います。

そういう人に私が言いたいのはガソリンカードならなんでも良いという事はないです。

 

では、具体的にどういう風にしてガソリンカードを選ぶのが良いのかというと、それは自分が普段どのガソリンスタンドを使っているのかという事を考慮して選ぶ必要があります。

 

そうしないと自分が普段使っていないようなガソリンスタンドのガソリンカードを作っても意味がないので自分がいつも利用しているガソリンスタンドのガソリンカードを作る必要があります。

 

ただ、ガソリンカードを作る以上ガソリン代がよりお得にならなければ意味がないです。

 

ですから、これまで自分が使っていたガソリンスタンドのガソリンカードがあまりお得でないのなら利用するガソリンスタンドの変更も検討した方が良い事もあります。

 

ちなみに、私はガソリン代をお得にしたいと思うようになって
それまで利用していたガソリンスタンドを変えました。

 

それで私が作ったにが出光のまいどカードでした。この出光のまいどカードを作ってガソリン代を払うようにしたらかなりガソリン代がお得になりました。

 

その際にはもちろん他のガソリンカードと比較してこの出光のまいどカードがお得だと思ってこれを作りました。

特に年会費も不要であるにもかかわらずポイント還元率が高い魅力だと思っています。

ゴールドカードを取得する方法とそのメリット

ゴールドカードは世間一般に広まっているイメージほど、取得するのに難しい、特別なカードというわけではありません。普通のクレジットカードよりも、若干審査が厳しく、若干年会費が多くかかるものという程度で認識しておけば大丈夫です。

 

近年、その年会費でさえも年に数千円程度しかかからない、低年会費のゴールドカードが登場したことで、更にカード取得のハードルは下がりました。今やパートやアルバイトとして働いている大学生や主婦でさえも、その気になればゴールドカードを手にできる時代です。

 

年会費が万単位のカードと比較して、千円単位のカードは特典が控えめになりますが、それでも海外旅行や国内旅行においてのトラブルを、傷害保険という形でカバーできるものは多くのカードに導入されています。頻繁に旅行をしているという人なら、身の安全と安心のためにカードをゴールドにしておいて損はありません。

 

ポイント特典や保証も、ゴールドカードは通常のカードに比べて優れた質を持ちますので、普段使いの買い物用クレジットカードをゴールドにして、更なるお得さを求めていくのもよいでしょう。

 

ゴールドカードにもランクは様々にあり、年会費の金額によって特典のランクも変わります。払うものと得るもののバランスを考えて、自分にとって魅力あるゴールドカードを選ぶことに意味があります。ただゴールドのステータスを味わってみたいだけという時には、手軽に作れる低い年会費のカードを作って、使用感を試してみるのがおすすめです。

自分に合ったETCカードの選び方

ETCカードには、大きく分けて二つの種類があります。純粋にETCのカードとしてしか使えないパーソナルカードと、クレジットカードの機能として付随されているETC対応クレジットカードの二種類です。

 

ETCパーソナルカードの方は、ETCカードは作りたいけどクレジットカードとしては作りたくない、という人が選ぶためのカードで、実際のところ利用者はクレジットカードを選ぶ人に比べて多くはありません。どうせETCカードを作るなら、普段使いのクレジットカードと一緒にして、ポイントなどの特典を受けたいと考える人の方が多いためです。年会費や保証料がもれなくかかる上、申し込み用紙が手に入れられる場所も限られているということも、推進率の低さに拍車をかける一因となります。

 

もう一つのクレジットカードにETCの機能が内蔵された方のカードの方が定番で、その需要の大きさから、一人でも多くのユーザーを集めるために、様々なクレジット会社が競うように機能付きのカードを展開しています。ETCカードと検索すると、色々なカードがヒットする形となるのはそうした寸法です。

 

数あるETCカードから、自分にとって魅力の大きいものを選び取る所に、ETCカード発行のポイントがあります。最も手軽なのは、普段使いのカードにETC機能をつけるという方法で、カード会社にて追加発行の手続きを行うことで、面倒な審査もなくETCカードの入手が可能です。
一からETCカードを求めるのなら、対応のカードの中から年会費や入会費のかからない、ポイントの貯まりやすいクレジットカードから選んでいくのが良いでしょう。

楽天カードを愛用して感じる利点と欠点について

長年に渡って、楽天カードを愛用しています。
楽天カードを長らく使って思うメリットといえば、やはり第一に年会費が無料で維持費が完全にかからない点や、ポイント還元率が1%と比較的に優れており、ポイントをためやすいことです。

 

ネットから申し込めて一週間ほどで迅速に届きましたし、利用明細が郵便で送付されてこないタイプのクレジットカードなので、家族と同居をしている人にとっても安心出来るカードです。
また、100円買い物するごとに楽天スーパーポイントが1ポイント溜まります。

 

カード会社独自のポイントとは違い、楽天市場などで使える楽天スーパーポイントなので非常に使い道の幅も広くて活用しやすいですし、年会費が不要にも関わらず1%もポイント還元してもらえるというのは大変有り難いメリットでもあります。

 

その他のメリットといえば、ネットから明細を見れたり、利用するごとに随時利用速報メールを配信してもらえたりするので安心感が高い点や、楽天市場で買い物すると非常に沢山ポイントが溜まる点なども挙げられます。

 

使い過ぎてしまうのが心配な人でも、随時、利用状況をチェックできるので安心ですし、限度額も自分で設定出来たりもするので便利です。
ただ、楽天カードを愛用して思う欠点は、デザインがあまり格好良くない点や、知名度が高いCMのせいで少しチープな印象を持たれがちな点です。

 

持っているだけでステータスになるような種類のクレジットカードではなく、大衆向けで審査も比較的に易しいクレジットカードなので、箔を付けたい人や自慢出来るようなクレカを持ちたい人はやや不向きです。
また、思い浮かぶデメリットはETCカードが無料で持てず、年間540円かかる点だと思います。

クレジットカードをためらう方におすすめなデビットカード

お財布に多額の現金を入れるのは不安、でもクレジットカードを利用しすぎるのも苦手という方にはデビットカードがおすすめです。そのメリットは大きく分けて、審査不要、預金口座と紐づけ、即引き落としの3つです。

 

審査不要、これは最大のメリットとも言えます。家族職業収入など関係なく、基本的には口座さえあれば発行可能です。

 

口座の預金額がそのまま使用可能額である事も大きなメリットです。預金額以上に使いすぎるという事が起こらない為、支払いが滞ったりはしません。また、デビットカードはローンを組む事が出来ませんが、これはメリットとデメリットを兼ねています。ローンは即ち、支払いの先延ばしであると考える方にはメリットです。

 

しかし、ローンを組む事によって通常購入しにくい額の商品を購入できるという面を考えると、デビットカードのローン不可はデメリットになります。
即引き落とし、この件にもメリットとデメリットがあります。メリットは、購入後即引き落としであるという事です。使用額をまとめて支払う必要が無いため、残高の管理がしやすくなっています。デメリットも同様、即引き落としであるが為に、レジのミスや気変わりなどでの購入取り消しからの対応が遅くなってしまうという事です。何かあったとしても、即返金はされません。

 

クレジットカードと比べ、作成から使用まで比較的手軽なのがデビットカードです。Visaデビットカードには、カード使用時に即メールが届くサービスもあります。このシステムにより、第三者が使用していないかをすぐ察知できます。ジャパンネット銀行やりそな銀行、SONY銀行など大手銀行の口座をお持ちなら、Visaデビットカードがおすすめです。SONY銀行やスルガ銀行、イオン銀行などでは年会費無料です。

 

楽天銀行の口座をお持ちならば、JCBとVisaを選べます。楽天銀行の場合なら、年会費無料でポイント還元率も良いJCBをおすすめします。

楽天のクレジットカードとデビットカードの相違点は何か?

楽天デビットカードと楽天カード(クレジットカード)はどちらも買物の際にカードでの支払いが出来る点では同じと言えますが、デビットカードは自分の銀行口座に入っている金額分しか買物できないほぼ現金払いに近いカードであると言えます。

 

それに対して楽天のクレジットカードは後払いのシステムとなっているので、銀行口座にお金がなくてもカードの限度額まで使用することが出来ます。

つまりクレジットカードは1回払いなら手数料等はかかりませんがイメージとして借金に近いカードと言えます。

それは手持ちのお金がなくても購入することが出来るという点においてのことでクレジットカードは上手に利用すればポイントが付き手数料も無料なのでお得なカードと言えます。

 

デビットカードのメリットは所有しているお金以上の金額を使用することが出来ないので使いすぎることがなく、クレジットカードは不安という人にオススメです。

またクレジットカードと違って審査等もないので誰でも所有することが出来る便利なカードと言えます。デメリットは使えるお店がクレジットカードを比較して限られている点です。

 

楽天カードのメリットは手持ちのお金がなくても使用出来る点で、給料日前とかボーナス前などにはかなり重宝します。またポイントをはじめとする特典が多いのも特徴です。

デビットカードにもポイントが付きますが還元率はクレジットカードの方がお得です。デメリットはカード紛失、不正利用などのトラブルや使い過ぎに注意しなくてはならない点だと言えます。

ジャパンネット銀行VISAデビットカードの魅力とは

社会人たるもの、カードの一枚くらいは常に財布の中に携帯しておきたいところです。

ショッピングの決済をスピーディーに済ませられるため、実用性が高いだけでなくステータスにもなります。

 

しかし、クレジットカードを作るのは結構面倒です。

審査次第で申請を却下されてしまうことも珍しくなく、いくら欲しくても必ずしも手に入るわけではありません。

特に、年収の低い方や他社からの借り入れの多い方は頭を抱えているのが実情です。

 

そんな方々におすすめなのが、「ジャパンネット銀行VISAデビットカード」です。

ジャパンネット銀行VISAデビットカードは、ジャパンネット銀行が発行しているキャッシュカード一体型のデビットカードです。

クレジットカードの場合、利用代金を信販会社が立て替えてくれるシステムになっていますが、ジャパンネット銀行VISAデビットカードの場合、使った分の代金が自分の口座から即座に引き落とされます。

従って、入会審査一切不要でカードを発行することができます。

 

おまけに、カードには国際ブランドのVISAマークがついていて、世界中の提携店で利用することが可能です。

ネットショッピングでの決済にも対応しており、クレジットカードと遜色なく機能してくれます。

 

これ一枚あれば、重たい現金を大量に所持する必要もなくなり、財布を綺麗に整理することができます。

興味のある方は、ぜひジャパンネット銀行VISAデビットカードをチェックしてみてください。