無職で楽天カード審査に通る方はしっかりと対策をしている

楽天カードは審査が甘いという話が出ています。

これは勿論あっているのですが、実は無職と記載すると審査に落とされる傾向が高くなってしまうのです。

 

職業欄

 

そのため無職と記載しないように申込みをすることが重要となります。

自営業者として仕事をしているように見せかけたり、派遣や短期アルバイトをしているようにしておくと効果的です。

会社側へ連絡が行くことは一切なく、その情報を見て判断するだけなので薄を付いても問題はないのです。

そのため無職の人でカードが発行されているのであれば、ほぼ間違いなく職業欄を変えている可能性があります。

 

収入欄

 

もう1つは楽天カードを発行するために必要な収入を持っているかという点になります。

クレジットカードというのはある程度の収入がなければ発行することさえ出来ませんが、楽天カードはその基準がやや低い傾向にあります。

しかし無職の場合は収入を持っているわけがないので、やはり職業欄で落とされることとなります。

仮に職業欄を変えても収入が低いなら落とされます。

この数字も四捨五入する等して対応し、収入があるように見せておくことが重要となります。

 

無職でも楽天カードを発行することは可能ですが、ちょっとした細工をしておかないと発行されない点には注意してください。

職業を無職と書かないことは徹底し、最終的には収入欄をしっかり書けば問題ないでしょう。

またキャッシング枠を0円とすることで発行できる可能性もあるので、自分で決められる点で変えていくのが一番いいかと思います。

楽天カードの審査に通りやすい3つの要素

インターネットの口コミなどを見ればわかりますが、一般的には楽天カードは審査が比較的通過しやすいカードであるということがわかります。

無職のような人でも楽天カードを所有できたという話も結構聞きます。

それでも誰でもが楽天カードの審査を通過して楽天カードを所有できるかと言うとそうではありません。
それぞれのクレジットカードで審査基準に違いはありますが、楽天カードのついて審査が通りやすい要素もあるようです。

特に申し込み時に注意したい事項は3つほどあります。

 

固定電話

 

一つ目は電話番号は携帯電話やスマートフォンの電話番号よりも固定電話の電話番号の方が審査に通りやすいようです。

 

キャッシング

 

二つ目には申し込み時にクレジットカードに付帯しているキャッシング枠を設定しないということです。

キャッシング枠は事実上、キャッシングやカードローンと同じですので、審査は厳しくなる傾向になるようです。

どうしてもキャッシング枠を設定したいときには金額は少なく申し込むことです。

初めにキャッシング枠を設定できなくともクレジットカードを利用して事故などが起こらなければ後ほどキャッシング枠を申請して認めれらる事もあるのですから。

 

利用履歴

 

三つ目には楽天カードはもっともよく利用するのが楽天市場と言うこともあり、楽天市場での利用履歴や利用額などが重要視されるようです。

会員ランクも低いよりも高い方が有利になることは間違いありません。

楽天カードの審査をパスするコツとは

クレジットカードを作りたい方には、楽天グループが発行している「楽天カード」が断然お勧めです。

楽天カードは発行費・年会費が完全無料でありながら、有料カードに決して引けを取らない機能が充実しています。

何よりポイント還元率が高く、利用代金100円につき1ポイントが付与されるのはとても魅力的。

楽天市場での買い物では常時ポイント還元率が2倍になりますし、定期的に実施されるキャンペーンを活用すればもっと効率的にポイントを稼ぐことも可能です。

楽天カードの審査は非常に優しいことで有名ですが、必ずしもパスできるとは限りません。

特に定職に就いていない方はどうしても厳しい目で審査されてしまうので、申し込む前に以下のポイントを意識すると良いでしょう。

 

個人情報

 

一つ目のポイントは、個人情報の書き方です。

当たり前の話ですが、嘘の情報を書くのは絶対にNG。ちょっと調べればすぐにバレますので、年収を水増ししたり架空の就業先を記載したりするのはやめましょう。

信用を落とすだけです。

 

キャッシング枠

 

二つ目のポイントは、キャッシング枠です。

基本的にクレジットカードに付いているキャッシング枠は申請者が自分で設定できますが、あまりにも多額に設定すると経済的に困窮している人であるかのような印象を与えてしまいます。

キャッシング機能を使わないのであれば、0と書いた方が無難です。

 

利用頻度

 

三つ目のポイントは、楽天市場の利用頻度です。楽天グループは申請者がどの程度楽天関連のサービスを利用しているのか、かなり細かくチェックしています。

たとえ年収が低くても、日頃から楽天市場で買い物をしていれば評価が上がり、楽天カードを発行してもらえる可能性が高まります。

日常の買い物はできるだけ楽天市場で済ますようにすると良いでしょう。