楽天カード審査でマイナスになる3つの条件

無職の方で、楽天カードの審査に落ちてしまった方は、ほかのカード会社に申し込んだ経験がないか思い返してみるとよいでしょう。

 

半年以内で他社のカードで落ちた

 

半年以内に他のカード会社に申し込み、審査に落ちてしまっている方は、その情報が個人信用情報機関に登録されてしまいます。

この機関に登録されることで、ほかのカード会社に申し込んだ時に落ちやすくなってしまうのです。

以前にカードを利用しようと思って審査に落ちてしまった方は、この点に原因があると言えるでしょう。

 

カードの支払いを遅延してしまった

 

また、これと同じように、カードの支払いを延滞してしまった方についても、審査に落ちやすくなってきます。

楽天カードでは、無職でもカードを作ることはできるのですが、返済の遅延については厳しい対処をとられることになるため、支払の遅延を起こしてしまった方も審査に落ちやすくなってしまうのです。

楽天カードを作りたいと考えたときには、ほかのカードの支払いの遅延などをしないように気を付けてみるとよいでしょう。

 

キャッシング枠の希望が高すぎる

 

また、カードを作るときに、キャッシング枠を設定することができるのですが、この枠の金額が高すぎてしまうことで審査にも通りにくくなってしまいます。

無職ということは、収入に余裕がないということになりますので、お金を借りる予定のない方は、0円として申告することで審査にも通りやすくなってくるでしょう。

 

楽天カードは、無職でも審査に通ることができるのですが、申し込むときには、これらの点に気を付けてみるとよいでしょう。