楽天カードの審査に落ちてしまう要因は?

楽天カードは、比較的審査が緩く誰にでも作りやすいカードです。
定職についていなくても、フリーターのようにある程度収入があれば、よっぽどのことが無い限りは通りますし、無職の方でも審査を通ることがあります。
しかし、中には楽天カードでも審査に落ちてしまう方もいて、その違いはなかなかわかりづらいものになっています。
無職でも審査に通る人と通らない人、その違いはどこにあるのでしょうか。

 

楽天カードの審査に落ちる正確な要因というのは楽天カード会社にしかわからないのですが、理由として予想出来るポイントというのはいくつかあります。

 

他社のカード審査に落ちたことがある

 

まず「他社のカード審査に落ちたことがある」という場合。
カードを作る際にはどこのカード会社でも個人信用情報機関という所に照会をしますが、そこで審査に落ちている経歴が残っているとマズイというわけです。
これは半年~1年ほどデータが残るようです。

 

過去にローンなどの滞納履歴がある

 

次に、「過去にローンなどの滞納履歴がある」という場合です。
こういった類のことも信用情報機関に記録されていますので、カード会社にはわかってしまいます。
「多重債務や奨学金の支払い猶予のような物が残っている」ということも、審査落ちの大きな要因です。
全てにおいて、「支払いがしっかりと出来るか」ということが見られており、これらが一つでも当てはまるようでしたら、カードを作るのは難しいと考えるべきでしょう。

 

「審査に甘い=支払いも甘い」ということではなく、あくまでも支払い能力が精査されての判断になりますので、まずは自身の身辺をちゃんとすることがカードを作りやすくする要因となるようです。