無職でもカード審査に通る確率が高くなるポイント

無職でもカード審査通過の確率を高めるポイント

tl_h139c-s数あるクレジットカードの中でも楽天カードはポイントが貯まりやすく、日本最大級のネットモール楽天市場での買い物がお得に出来る事もあり、とても人気があります。

 

楽天カードに限らず、クレジットカードの審査項目のひとつに職業や年収があり、これらは審査項目の中でも重視されるポイントです。
では、現在定職についていない場合は、楽天カードの審査に通る事は出来ないのでしょうか?
答えは、審査に通る場合も通らない場合もあるという事です。

 

クレジットカードの審査に通過したり落ちた理由は一般人には公開されませんから、確実な事は言えませんが、同じ定職に就いていない無職の場合でも、楽天カードを手に入れる事が出来た人とそうでない人がいるのは事実です。
これらの情報を基に、無職でも審査に通る確率が高くなるポイントを紹介していきたいと思います。

 

クレジットカードの審査では、「スコアリング方式」がとられています。

 

この点数が高い程、審査に通りやすくなります。
ちゃんと定職に就いており、収入が高ければ、勿論点数は高くなります。

 

ですが、もしこの職業と収入の点数が低くても、他の項目で点数を稼ぐ事が出来れば、審査に通る可能性も高くなります。

 

無職の場合、居住年数が長く住んでいるのが持ち家だったり、一人暮らしではなく家族と同居していたり、連絡先が携帯ではなく固定電話の場合は審査に有利になるでしょう。

 

そのため、夫や同居の親に安定した収入のある無職の人の場合は楽天カードを持っている人が多くいます。

 

また、他のカードの申し込み履歴がない、もしくは少ない事もポイントです。
これは、無職の人に限りませんが、信用情報に傷がついていない事も大切です。

 

以上のような条件を満たしていれば、無職であっても楽天カードを持つことは、それ程難しい話しではありません。