カード審査は他社での履歴やキャッシング枠に注意しましょう

楽天カードは他社カードと比べると遥かに審査が甘く、実際に無職でもカードを発行して貰えている女性はとても多いです。

とはいえ、楽天カードに申し込む無職の女性たちが全て同じ条件を持っているわけではありません。

ちょっとした条件で審査の結果が分かれることがあるので、特に審査結果に影響が出やすいポイントを確認してみましょう。

 

他社の否決から1年未満

 

楽天カードの審査に通過できなかった無職の女性の中には、以前他社のクレジットカード発行審査で否決された経験を持つ方が含まれて居る傾向があるようです。

他社で審査落ちしていると、やはり楽天カードの審査も通り辛いと言えます。

特に前回の他社での否決から1年未満だと、否決の履歴だけで審査落ちする可能性が高まります。

また、当然ですが過去にクレジットカードの利用で滞納した履歴があると、やはり審査には通過しづらいです。

 

キャッシング枠は0に

 

楽天カードにはキャッシング枠の付帯が可能です。

ですが、無職の状態で楽天カードを申し込むなら、キャッシング枠の付帯はなしにしておいた方が無難なようです。

キャッシングは基本的に安定した収入を得ている方でないと利用できません。

現在無職で収入を得ていない方がキャッシングを付帯したクレジットカードの発行を希望すると、審査に通過しづらくなると言われているのです。

楽天カードに申し込む際は、キャッシング枠は外しておきましょう。

 

同時申込みは避ける

 

また、気を付けなくてはならないのが他社クレジットカードとの同時申し込みです。

つい複数のカード会社に同時に申し込みをしてしまいがちですが、これは楽天カードの審査通過の妨げになります。

無職の女性が楽天カードに申し込むなら、他社カードに申し込む前にまずは楽天カードにだけ申し込むようにしましょう。