楽天カード審査は書き方次第で楽に通る

クレジットカードの審査には、年齢、職業、勤務先の規模、年収、居住年数、家族構成などが対象となります。
でも、無職だと通るか不安ですよね。
楽天カードの審査はクレジットカードの中でも比較的ゆるい方です。

 

しかし、それでも申込み時の記入内容によっては審査を通らない場合もあるので、これから楽天カードを作ろうとしている人は以下の点を注意してみましょう。

 

さて、審査の中でも重要な職業ですが、正直に「無職」と書くのはちょっと危険です。

無職でも学生や専業主婦は家族と同居や、夫の職業・収入があるので大丈夫ですが、そうでない方の場合は無職のところをなんとか職に就いているように書きましょう。

 

一番のおすすめは「派遣社員」です。
実際に働いていなくても、登録制の派遣会社に登録さえしてしまえばいいのです。

 

最近ではわざわざ登録に足を運ばなくても、ネット上で簡単に登録できる派遣会社もありますね。
「派遣社員」と書けば、もう審査も通ったようなものです。

 

その他にも居住年数と家族構成もポイントとなってきます。
一番いいのは持ち家に何年も住んでいることですね。

 

家族と同居の方の場合はこのパターンが多いかと思います。
つまり、何かあったときに誰かと確実に連絡がとれて、肩代わりをしてくれるような人ならば、カード会社は安心してカード発行できるのです。

 

自分の口座からの引き落としでなくてもいいのならば「家族カード」という手もあります。
これは確実ですね。

楽天カードの審査はほんの少しの工夫で確実に通りやすくなります。
ぜひ試してみてください。